投資と言えばハイリスク・ハイリターンである、というイメージが私たちの頭の中には強く植え付けられていると思います。
しかし、実際に投資を学んでみると、実はそのリスクをうまく回避していく方法がいくつもあることに気が付きます。
投資をしている人は誰しもが多少の損失が出ても大したことないさ、と言えるほどのお金持ちではないのです。
今はサラリーマンから主婦、学生など、一見投資とは無関係に見える人たちが日経平均株価をチェックし、NYダウをチェックし、くりっく株365に挑戦しているのです。

ネットが発達し、昔に比べると株式投資等に関する情報が入りやすくなりました。
初心者向けの情報も、プロ向けの情報も、そして実際に投資をしている状態を実況してくれるようなブログやホームページもいくつも出て来ます。
いわばサポートが手厚い状態。
投資を始めるなら今、と思ってしまいます。

大きく儲ける方に目が行ってしまいがちですが、資金に大きく余裕がある訳ではない私たちとしては、まずリスクや損失を避ける方向から入っていきたいと思います。

投資を学んでいるとリスクヘッジ、という言葉が出て来ます。
これは、リスクをヘッジすること。
この場合のヘッジはHedgeと書きます。
これは投資において将来の価格変動リスクを前もって回避したり、軽減したりする手法のことで、その種類は投資の方法によっていろいろあります。
中でも先物取引やオプション取引をうまく活用できれば、少ない額でも損失リスクをヘッジすることができるのです。

通常の株式投資とは別に保険としてこの先物取引やオプション取引を保険のように使う、という方法を取る投資家は多くいます。
日経平均株価が大きく値動きしている場合は、うまく行くこともあれば株の急落や大暴落で損失が増える可能性もあります。
そんな時に、日経225先物取引を別に行っておくことにより、損失をうまくヘッジできる可能性が高くなります。
まさに、投資においての「もしもの場合の掛け捨て保険」というイメージ。
保険はかけておくに越したことはないですね。

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply