利用出来るテクニカルチャート

株式投資に於いては、様々な「テクニカル投資」というものが存在しています。これはテクニカルチャートを利用して投資を行う方法で、通常の投資よりも大きな情報を得つつ投資を行うことができるようになります。それでは、テクニカルチャートとして利用されるものがあるものについて、ランキング形式で紹介します。

第一位はボリンジャーバンドと呼ばれるものです。これは移動平均を中心にして上下に二本線を引いたものです。この線は標準偏差という確率によって作成されているもので、高確率で株価の変動がこのライン内に収まるというものとなっています。これを利用することで、トレンドが変化する瞬間などを見極める事ができるようになり、投資を変更するタイミングを考える基準と出来ます。

第二位は一目均衡表と呼ばれるものです。これは波動論や値幅観測論などの様々な情報を元にして作られたチャートとなっています。ただ、この方法はローソク足チャートや基準線などの5本線を利用したチャートでも同様の分析が可能です。

第三位は指数平滑移動平均です。こちらは直近の株価の比重と過去の株価の比重を同じにしないようにして計算をしたチャートです。トレンド分析によく利用されています。

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply