投資家との心理の読み合い

投資を成功させるためには、市場から投資家達の心理を読み取ることが重要になります。現在のチャートを見て、多くの投資家がどのように判断するのかを考えた上で、売るべきか買うべきかを考えるわけです。周りも売ると考えられる時には自分がそれよりも先に売り、周りも買うと考えられる時には自分もそれよりも早く買う、そうするだけで市場に先行して利益を上げることが出来るでしょう。

ただし、心理を読み違えて、思っていたのと逆にチャートが移動してしまった場合には当然損益を出すことになります。このリスクのことを考えると「売り注文」を行うのは個人投資ではなかなかリスクが高いものとなるでしょう。買い注文の場合、下がりきってもゼロまでであり、証拠金取引でなければ手元に大きな負債が残ることはありません。しかし、売り注文の場合はどこまで株価が上がるかわからないため、どこまでも負債が拡大してしまう可能性があるわけです。

こういったことを避けるためにも、日経の動きを何度もみて情報収集をすることが重要になります。日経については日経225チャート.comを見ると、様々な情報を収集することが出来るでしょう。テクニカルチャートなども利用しながら、投資の方針を考えましょう。

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply