ブログでも紹介される日経225の売り注文

投資家のブログであったリ金融機関の情報を見ていくと、日経225の証拠金取引について売り注文からスタートしていくと金利相当の金額を受け取れるというのです。
実際に見ていくと現物の株式であったり日経平均と連動しているタイプのETFについては、価格が下落している局面については利益を算出することができなくなっています。
しかし日経225の証拠金取引においては、売り建てを行うことができるようになっています。
売り注文からスタートしていき、安くなってきた状況で買い戻していくことで利益を確保する取引となっており、価格が下落していく局面において日経225を利用して利益を作ることができるようになっています。

もしも売りポジションを持っている場合、取引で支払っている代金に対して金利に相当額をもらっていくことができるようになっています。
しかし買いポジションだと金利相当額を支払っていかなければなりません。
日経225の先物取引については金利や配当に相当している金額が、取引価格にあらかじめ組み込まれているように考慮されています。
取引価格が実際に動いている日経平均株価との間で差が生じていくことになります。
日々受け払いを行っていくことによって日経平均株価とほぼ同額となっていきますので、価格が分かりやすくなっています。

そして日経225はほぼ24時間、休日や祝日でも取引を行うことができるようになっています。
ブログでも毎日紹介していることがありますので、投資の参考になるかもしれません。
日本の株式市場における取引時間というのは、平日の9時から15時までとなっています。
しかし海外の取引時間は長くなっていますので、取引においては海外も参考にしていくといいでしょう。
投資における資金効率もレバレッジ取引となっていますので効率的にアップさせていくことができます。
取引規模に最低額を投資することになりますので、安定した利益を狙うことができます。

利用出来るテクニカルチャート

株式投資に於いては、様々な「テクニカル投資」というものが存在しています。これはテクニカルチャートを利用して投資を行う方法で、通常の投資よりも大きな情報を得つつ投資を行うことができるようになります。それでは、テクニカルチャートとして利用されるものがあるものについて、ランキング形式で紹介します。

第一位はボリンジャーバンドと呼ばれるものです。これは移動平均を中心にして上下に二本線を引いたものです。この線は標準偏差という確率によって作成されているもので、高確率で株価の変動がこのライン内に収まるというものとなっています。これを利用することで、トレンドが変化する瞬間などを見極める事ができるようになり、投資を変更するタイミングを考える基準と出来ます。

第二位は一目均衡表と呼ばれるものです。これは波動論や値幅観測論などの様々な情報を元にして作られたチャートとなっています。ただ、この方法はローソク足チャートや基準線などの5本線を利用したチャートでも同様の分析が可能です。

第三位は指数平滑移動平均です。こちらは直近の株価の比重と過去の株価の比重を同じにしないようにして計算をしたチャートです。トレンド分析によく利用されています。

テクニカルチャートで心理合戦に勝つ

投資で利益を上げるということは、他の投資家が損をしている分の利益を手に入れる、ということです。そのため、他の投資家との心理の読み合いで勝つ事が重要になるでしょう。では、どのようにして相手の心理を読み、投資を行うことが出来るでしょうか。その際に利用することが出来る方法の1つとして、テクニカルチャートを利用したものがあります。テクニカルチャートというのは、通常のチャートに補助線を引くなどして、より一層チャートの状況を分かりやすくするものです。これを利用することにより、今後どのようにチャートが動いていくのかをより分かりやすく予測出来る可能性があります。

テクニカルチャートは大きくトレンドチャートとオシレーターチャートという二つの種類があります。トレンドチャートは細かい値動きではなく、大きな値動きに注目をしたチャートです。どこで相場の方向が変わるのか、転換点が訪れるのか、ということを予測するためのチャートとなっています。大きな値動きに対応するものであるため、長期投資向けです。

対してオシレーターチャートは短い期間内での値動きを判断するためのチャートです。短期投資の予測で利用されやすいチャートとなります。

投資家との心理の読み合い

投資を成功させるためには、市場から投資家達の心理を読み取ることが重要になります。現在のチャートを見て、多くの投資家がどのように判断するのかを考えた上で、売るべきか買うべきかを考えるわけです。周りも売ると考えられる時には自分がそれよりも先に売り、周りも買うと考えられる時には自分もそれよりも早く買う、そうするだけで市場に先行して利益を上げることが出来るでしょう。

ただし、心理を読み違えて、思っていたのと逆にチャートが移動してしまった場合には当然損益を出すことになります。このリスクのことを考えると「売り注文」を行うのは個人投資ではなかなかリスクが高いものとなるでしょう。買い注文の場合、下がりきってもゼロまでであり、証拠金取引でなければ手元に大きな負債が残ることはありません。しかし、売り注文の場合はどこまで株価が上がるかわからないため、どこまでも負債が拡大してしまう可能性があるわけです。

こういったことを避けるためにも、日経の動きを何度もみて情報収集をすることが重要になります。日経については日経225チャート.comを見ると、様々な情報を収集することが出来るでしょう。テクニカルチャートなども利用しながら、投資の方針を考えましょう。

二種のテクニカルチャートを駆使する

副業で投資を行うのではなく、専業で投資家として活動するのであれば、なんとなく投資を行っているだけではいけません。しっかりと理論を持って、安定的な利益が出せるような投資方法を考えるべきでしょう。その際ポイントとなるのが、どのようなテクニカルチャートを利用した投資を行うのか、ということです。同じ日経をベースに投資を行うとしても、利用するチャートの種類によってまったく予想の結果が変わることがあります。

テクニカルチャートには大きく二つの種類があります。1つはトレンドチャートと呼ばれるものです。これは売り買いの状況から、その後どのようにして市場が動くのかを予想するために利用出来るチャートとなります。代表的なものとしてボリンジャーバンドや、一目均衡表、多重移動平均などが挙げられます。

もう1つはオシレーターチャートと呼ばれるものです。こちらは「過剰な値動き」を判断するために利用することができます。代表的なのがMACDやRSI、ストキャスティクスなどのチャートとなります。トレンドチャートが長期投資に対して利用できるチャートであるのに対して、こちらのチャートは短期投資に対して特に効果的なチャートとなっています。

まずはインデックス投資から

投資というと、上がるか下がるかのギャンブルのようなものだと考えている人も多いのではないでしょうか。そういったギャンブルのような投資も行えないわけではありませんが、リスクが高い上に成功率が低いために、あまりおすすめできるものではありません。大きな資本を持っているのでもなければ、まずはインデックス投資のような方法から初めるのが良いでしょう。

インデックス投資というのは、インデックスと呼ばれるチャートを見ながら、それに合わせて投資を行っていく方法です。自分以外の投資家によって作られた投資の道筋に沿って投資を行うことになるため、自分が率先して大きなリスクを負う必要がありません。

この場合利用することが出来るチャートとして、日経平均株価指数というものがあります。これは東証一部上場の企業の中でも、特に代表的な225社の株価の平均をグラフ化したチャートです。これを見ることによって、日本全体の株式動向を見ることが出来ます。上がり始めた時に買い、下がり始めた時に売る、というような後追いをしているだけでも、ある程度の利益を上げることが出来ます。ただし、売買を繰り返すことになると手数料や税金などでマイナスになる可能性もあります。